本文へジャンプ

志賀町

文字を拡大する文字を標準に戻す文字を縮小する
現在位置:HOMEの中の産業・観光・まちづくりの中の道路・建築から木造住宅の耐震化のおすすめ(補助金最大 約168万円)

木造住宅の耐震化のおすすめ(補助金最大 約168万円)


 町では、地震による建築物の倒壊等の被害を未然に防止し、町民の安全を確保するため、1.簡易耐震診断(無料)、2.耐震設計(最大10万円)、3.耐震改修工事(最大150万円に拡充)の費用に対する補助をしています。
 その他、町の耐震化に対する取り組みは、次の通りです。

 志賀町住宅耐震化緊急促進アクションプログラム2019  (119kbyte)pdf



対象となる住宅

 志賀町内に所有し、以下の要件を全て満たす住宅が対象となります。
 ※所有者と居住者が異なる場合は、所有者又は居住者の同意書が必要です。


  •  昭和56年5月31日以前に建築された木造既存住宅(昭和56年5月31日以前に工事着手した住宅も含む)
  •  木造2階建て以下の住宅
  •  現に居宅として使用している住宅
  •  在来軸組構法、伝統的構法および枠組壁構法による住宅

補助金の種類

1.簡易耐震診断(自己負担なし※)


 申請者から提出された図面やチェック表に基づいて行う診断で、(一社)石川県建築士事務所協会の斡旋により派遣された木造住宅耐震診断士が一般診断法により評点(参考値)を算定します。あくまで簡易的な診断となるので現地調査等はありません。費用は無料です。


 ※図面がない場合は床面積にかかわらず一律5,000円の自己負担が発生します。



2.耐震設計(補助率1/2 上限10万円)

 耐震診断結果(上部構造評点)が1.0未満の場合で、1.0以上に補強するための具体的な工法や工事費などを計画・設計費用について補助します。これに基づき耐震改修が行われることになります。


 補助は、設計に要した費用の1/2で上限が10万円です。補助金の額を超えた分については、申請者の負担となります。



3.耐震改修工事(補助率10/10 上限150万円)

 耐震診断結果(上部構造評点)が1.0未満の住宅の耐震性を向上させるため、上部構造評点を1.0以上とする耐震改修工事に補助します。


 補助は、工事費用の10/10で上限が150万円です。150万円未満の耐震補強工事の場合は、自己負担なしで工事ができます。ただし、補助金の額を超えた分については、申請者の負担となります。



お問い合わせ

部署: まち整備課
住所: 〒925-0198 石川県羽咋郡志賀町末吉千古1番地1 本庁舎2階
電話番号: 0767-32-9211
FAX番号: 0767-32-3978

ページの先頭へ戻る